Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBEでVisibleプロパティを設定して、再表示できない非表示シートにする

VBEでVisibleプロパティを設定して、再表示できない非表示シートにする

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

「Worksheets(1).Visible = xlVeryHidden」
というコードで、1枚目のワークシートを、Excel側から再表示できない非表示シートにできる
ことをご紹介しました。

VBA(Visual Basic for Applications)のコードから、VisibleプロパティにxlVeryHiddenを設定しているわけですが他にも方法があります。

[スポンサードリンク]

VBE(Visual Basic Editor)のプロパティウィンドウから、Visibleプロパティを変更する方法です。


▼操作手順:シートを再表示できない非表示シートにする
プロジェクトエクスプローラーで
 非表示にしたいシートを選択
 ↓
プロパティウィンドウで
 Visibleプロパティを「xlSheetVeryHidden」にする

やっていることは先日の
「Worksheets(1).Visible = xlVeryHidden」
というコードと結果的に同じですが、下図のようにプロパティウィンドウのVisibleプロパティのドロップダウンリストから「2 - xlSheetVeryHidden」を選択するのです。

VBEでVisibleプロパティを設定して、再表示できない非表示シートにする

ExcelとVBEとが同時に見られるように2つのウィンドウをうまく並べておいて、プロパティウィンドウのVisibleプロパティを変更すると、シートの表示・非表示が切り替わるところもご確認いただけるはずです。

[プロパティウィンドウ]は、フォームモジュールを利用するときにもっともよく使われるわけですが、こういった設定を行うこともできるのです。

プロパティシートが表示されていない場合は、メニュー[表示]-[プロパティウィンドウ]をクリックしてください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBEでVisibleプロパティを設定して、再表示できない非表示シートにする

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBEでVisibleプロパティを設定して、再表示できない非表示シートにする

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.