Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » すべてのシートを再表示する−イミディエイトウィンドウ

すべてのシートを再表示する−イミディエイトウィンドウ

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

「エクセル すべてのシート 再表示」
「Excel 全ワークシート 表示する方法」
といった検索を見かけることがあります。

このサイト・インストラクターのネタ帳では非表示のシートをまとめて表示するマクロを既にご紹介しています。

[スポンサードリンク]

同じくVBAを使う方法ですが、イミディエイトウィンドウからも、全シートを再表示させることができるのでご紹介しておきます。


▼操作方法:非表示のすべてのシートを再表示する
イミディエイトウィンドウに
  for each s in sheets:s.visible=true:next
と入力して[Enter]キーを押す

「for each s in sheets:s.visible=true:next」
というのは、このサイトで既にご紹介しているマクロを、思いっきり短くしたものです。

全シートを再表示させるために確認メッセージを表示する処理を抜いた
  For Each s In Sheets
   s.Visible = True
  Next s
を1行にしてしまったのが
  for each s in sheets:s.visible=true:next
です。

イミディエイトウィンドウでは、「:」(コロン)を使うことで、通常複数行で記述するコードを1行にすることができます。

つまり「for each s in sheets:s.visible=true:next」は
  for each s in sheets
   s.visible=true
  next
と同じことなのです。

この方法なら、作ったマクロを管理する手間も必要ありません。

VBAをちゃんと理解している方なら、[Alt]+[F11]キーでVBE(Visual Basic Editor)を起動して、[Ctrl]+[G]キーでイミディエイトウィンドウを表示し
  for each s in sheets:s.visible=true:next
というコードを書くことはそれほど苦にならないはずです。

For Each In 〜 Next文ではなく、For 〜 Next文を使って
  for i=1 to sheets.Count:sheets(i).visible=true:next
としても同じく全シートを再表示することができます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » すべてのシートを再表示する−イミディエイトウィンドウ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » すべてのシートを再表示する−イミディエイトウィンドウ

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.