Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » シート見出しを非表示にしたい−Window.DisplayWorkbookTabs

シート見出しを非表示にしたい−Window.DisplayWorkbookTabs

対象:Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

Excelで業務アプリケーションを作ろうとしている方から
「シート見出しが表示されていない状態にするにはどうしたらいいのでしょうか?」
といったご質問をいただくことがあります。

2003までのExcelなら、メニュー[ツール]−[オプション]をクリックして表示される、[オプション]ダイアログ−[表示]タブの[シート見出し]チェックボックス、Excel 2007なら、[Officeボタン]−[Excelのオプション]ボタンをクリックして表示される、[Excelのオプション]ダイアログ−[詳細設定]−[次のブックで作業するときの表示設定]欄の、[シート見出しを表示する]チェックボックスをOffにすることでシート見出しは非表示になります。

これを自動的に行うにはどうしたらいいのか、というのがご質問の主旨です。

[スポンサードリンク]

Excelファイルが開くときに実行されるAuto_Openマクロに、シート見出しを非表示にするコードを追加してはいかがでしょうか。


▼シート見出しを非表示にするAuto_Openマクロ

Sub Auto_Open()

 ActiveWindow.DisplayWorkbookTabs = False

End Sub

DisplayWorkbookTabsプロパティがTrueのときにシート見出しが表示され、Falseならば非表示になります。

ファイルが開かれるときに実行されるAuto_Openマクロ内で、このDisplayWorkbookTabsプロパティをFalseにしてしまうわけです。

▼サンプルファイル(003385.xls 45KByte)ダウンロード

マクロを有効にしてサンプルファイルを開いていただければシート見出しが非表示になることをご確認いただけるでしょう。

ただし、、DisplayWorkbookTabsプロパティはあくまでもシート見出しの表示・非表示を切り替えるだけです。

アクティブシートを切り替えるショートカットキー:[Ctrl]+[PageUp][PageDown]を押せば、シート見出しが非表示であっても、アクティブなワークシートを切り替えることができてしまいます。

アクティブシートの切り替えもさせたくないということであれば、シート自体を非表示にしておくなど、別の方法を考える必要があります。

関連語句
シートタブを非表示にする
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » シート見出しを非表示にしたい−Window.DisplayWorkbookTabs

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » シート見出しを非表示にしたい−Window.DisplayWorkbookTabs

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.