Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 全シートのゼロ値を非表示にするマクローWindow.DisplayZeros


全シートのゼロ値を非表示にするマクローWindow.DisplayZeros

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba ゼロ値 非表示 全シート」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

全ワークシートでゼロ値を非表示にするVBA(Visual Basic for Applications)のコード・マクロを探している方による検索です。

2003までのExcelの場合は[オプション]ダイアログ-[表示]タブの[ウィンドウオプション]欄-[ゼロ値]チェックをOffにすることで、2007以降のExcelの場合は[Excelのオプション]ダイアログ-[詳細設定]-[次のシートで作業するときの表示設定]欄-[ゼロ値のセルにゼロを表示する]チェックボックスをOffにすることで、ゼロ値を表示しないようにできます。

[スポンサードリンク]

DisplayZerosプロパティでゼロ値を非表示にする

DisplayZerosプロパティを設定すると、ゼロ値の表示・非表示を切り替えることができます。


Sub 全ワークシートのゼロ値を非表示に()
 Worksheets.Select
 ActiveWindow.DisplayZeros = False
 Worksheets(1).Select
End Sub

上記のようなループ処理もないマクロで、すべてのワークシートのゼロ値を非表示にできます。

DisplayZerosはWindowオブジェクトのプロパティ

DisplayZerosは、Worksheetオブジェクトのプロパティと思ってしまいがちですが、Windowオブジェクトプロパティです。

全ワークシートのゼロ値を非表示にしたいわけですから、すべてのワークシートを選択しておいて、
 Worksheets.Select

ActiveWindowプロパティでWindowオブジェクトを取得して、そのDisplayZerosプロパティをFalseに設定すれば、
 ActiveWindow.DisplayZeros = False
OKです。

実質的な処理はここまでですが、グループ化が行われたままの状態でマクロを終了すると、その後いろいろとトラブルをおこしそうなので、ここでは、
 Worksheets(1).Select
と1枚目のワークシートを選択しています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 全シートのゼロ値を非表示にするマクローWindow.DisplayZeros

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 全シートのゼロ値を非表示にするマクローWindow.DisplayZeros

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.