Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 選択されているワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロ

選択されているワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロ

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

すべてのワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロと、ウィンドウ枠の固定を解除するマクロをご紹介しました。

実務では、全ワークシートではなく、選択されたシートのウィンドウ枠を固定したいということのほうが多いかもしれません。

[スポンサードリンク]

選択されたワークシートだけウィンドウ枠を固定したいという場合、以下のようなマクロはいかがでしょう。


▼選択されたワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロ

Sub 選択したシートのウィンドウ枠を固定する()

 Dim ws As Object

 With ActiveWindow
  For Each ws In .SelectedSheets
   If TypeName(ws) = "Worksheet" Then
    ws.Activate
    .FreezePanes = False
    .FreezePanes = True
   End If
  Next ws
 End With

End Sub

ウィンドウ枠を固定したいシートを選択しておいて、固定したい行・列の右下のセルを選択した状態で、上記のマクロを実行すると、選択されていたワークシートでウィンドウ枠の固定が行われます。

コードの中身は以下のとおりです。

アクティブウィンドウの
 With ActiveWindow
選択されているシートに対してループをまわして
  For Each ws In .SelectedSheets
種類がグラフではなくワークシートのときに
   If TypeName(ws) = "Worksheet" Then
ワークシートをアクティブにして
    ws.Activate
既にウィンドウ枠の固定が行われていたら解除を行い
    .FreezePanes = False
ウィンドウ枠の固定を実行しています。
    .FreezePanes = True

既にウィンドウ枠の固定が行われているシートの場合に解除しないのであれば、
    .FreezePanes = False
をコメントアウトしてください。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 選択されているワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 選択されているワークシートのウィンドウ枠を固定するマクロ

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.