Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba "ウィンドウサイズに合わせる"」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

PowerPointには、画面の表示倍率をウィンドウの大きさに合わせる[ウィンドウサイズに合わせる]コマンドが存在しています。

[表示]タブ-[ズーム]グループ-[ウィンドウサイズに合わせる]ボタンや、

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

ステータスバーの右端に表示されている[現在のウィンドウの大きさに合わせてスライドを拡大または縮小します。]ボタンをクリックすると、PowerPointのウィンドウサイズを変更したときに、スライドのサイズも連動して自動的に調整されるようになります。

[現在のウィンドウの大きさに合わせてスライドを拡大または縮小します。]ボタンは、PowerPoint 2013の場合、下図のような、

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

PowerPoint 2010の場合は下図のようなボタンです。

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

「powerpoint vba "ウィンドウサイズに合わせる"」
という検索は、これらのボタンをクリックしたのと同じ結果となるVBA(Visual Basic for Applications)のコードを探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

スライドをウィンドウサイズに合わせるサンプルマクロ

「powerpoint vba "ウィンドウサイズに合わせる"」
という検索だけでは、具体的にどんなマクロにしたかったのかまではわかりませんので、参考になりそうなシンプルなマクロをご紹介しておきます。


Sub ウィンドウサイズに合わせる()
 ActiveWindow.View.ZoomToFit = msoTrue
End Sub

上記のようなコードで、VBAからウィンドウサイズに合わせることができるようになります。

どうやってZoomToFitプロパティを見つけるのか

マクロ記録機能が使えなくなってしまった、最近のPowerPointでマクロを作る場合、必要なオブジェクト・プロパティ・メソッドをどう見つけるのかが課題となります。

私はView.ZoomToFitプロパティを、オブジェクトブラウザーから探しました。

[ウィンドウサイズに合わせる]ボタンは、[表示]タブの[ズーム]グループに配置されているため、おそらく「zoom」という単語の含まれる、プロパティかメソッドが存在しているだろうと考え、オブジェクトブラウザーで「zoom」を検索しました。

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

すると上図のように、Viewオブジェクトに、ZoomToFitという、それっぽい名前のプロパティが見つかりました。

Viewオブジェクトは、DocumentWindowオブジェクトのViewプロパティから取得できることは記憶にあったので、

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

ActiveWindowプロパティで、DocumentWindowオブジェクトを取得して、

ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

DocumentWindowオブジェクトのViewプロパティでViewオブジェクトを取得して、ViewオブジェクトのZoomToFitプロパティにmsoTrueを設定する
 ActiveWindow.View.ZoomToFit = msoTrue
というコードを作りました。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » ウィンドウサイズに合わせるPowerPoint VBAのコード

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.