Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » コメントの表示を切り替えるPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

コメントの表示を切り替えるPowerPointマクロ

「パワーポイント vba コメントを表示」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、ありました。

PowerPointのコメントを表示するVBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

コメントと注釈を表示するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブなプレゼンテーションファイルのコメントを表示させることができます。

Sub コメントと注釈を表示する()

 ActivePresentation.DisplayComments = True

End Sub

PresentationオブジェクトのDisplayCommentsプロパティに、Trueを設定すればコメントが表示され、Falseを設定すれば非表示となります。

コメントと注釈の表示を切り替えるサンプルマクロ

上記の考え方をもとに、以下のようなマクロにすれば、コメントの表示・非表示を切り替えられます。


Sub コメントと注釈の表示を切り替える()

 With ActivePresentation
  .DisplayComments = Not .DisplayComments
 End With

End Sub

Not演算子を使って、Presentation.DisplayCommentsプロパティの値を、TrueだったときにはFalseに、FalseだったときにはTrueに切り替えています。

コメントウィンドウの表示を切り替えるサンプルマクロ

PowerPoint 2013からは、[校閲]タブ-[コメント]グループ-[コメントの表示]-[コメントウィンドウ]から、コメントウィンドウを表示させることができるようになっています。

コメントの表示を切り替えるPowerPointマクロ

この操作をVBAから行う以下のようなマクロで、コメントウィンドウの表示を切り替えることができます。


Sub コメントウィンドウの表示を切り替える()

 With Application
  If CInt(.Version) >= 15 Then ' 2013以降でのみ有効
   .CommandBars.ExecuteMso "CommentsPane"
  End If
 End With

End Sub

オブジェクトブラウザーで検索しても、コメントウィンドウに関連したプロパティが見当たらないので、CommandBars.ExecuteMsoメソッドを使ったマクロにしました。

コメントウィンドウが存在するのはPowerPoint 2013からですので、2010以前のバージョンで実行時エラーが発生しないように、
 With Application
  If CInt(.Version) >= 15 Then
というIf文をかましてあります。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » コメントの表示を切り替えるPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » コメントの表示を切り替えるPowerPointマクロ

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.