Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Excelファイルを開くPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

「excel ppt vba ファイルを開く」
という検索キーワードをきっかけに、PowerPointファイルを開くExcelマクロをご紹介しました。

逆もご紹介しておきましょう。
Excelファイルを開くPowerPointマクロです。

Excel VBAでブックを開く操作に慣れていて、PowerPoint VBAにあまり慣れていない方の場合、この記事でご紹介するPowerPointマクロのほうが、実は理解しやすいはずです。
[スポンサードリンク]

CreateObject関数とオブジェクト変数を使ってExcelファイルを開くPowerPointマクロ

VBA(Visual Basic for Applications)のCreateObject関数と、オブジェクト変数を使う場合、以下のようなマクロです。

Sub PowerPointからExcelを開く_CreateObject()
 Dim xl_app As Object ' Excel.Application
 
 Set xl_app = CreateObject("Excel.Application") 
 xl_app.Visible = True
 xl_app.Workbooks.Open "C:\tmp\samp.xlsx"
 Set xl_app = Nothing
End Sub

CreateObject関数とWithキーワードを使ってExcelファイルを開くPowerPointマクロ

同じことを、オブジェクト変数を使わずに行う場合、以下のようなマクロです。


Sub PowerPointからExcelを開く_CreateObject_With()
 With CreateObject("Excel.Application")
  .Visible = True
  .Workbooks.Open "C:\tmp\samp.xlsx"
 End With
End Sub

参照設定されている環境でオブジェクト変数を使ってExcelファイルを開くPowerPointマクロ

Excelへの参照設定が行われているPowerPointから、オブジェクト変数を使ってExcelファイルを開くには、以下のようなマクロです。


Sub PowerPointからExcelを開く_参照設定あり()
 Dim xl_app As Excel.Application
 
 Set xl_app = New Excel.Application
 xl_app.Visible = True
 xl_app.Workbooks.Open "C:\tmp\samp.xlsx"
 Set xl_app = Nothing
End Sub

参照設定されている環境でWithキーワードを使ってExcelファイルを開くPowerPointマクロ

Excelへ参照設定されている環境で、オブジェクト変数を使わないのであれば、以下のようなマクロです。


Sub PowerPointからExcelを開く_参照設定あり_With()
 With New Excel.Application
  .Visible = True
  .Workbooks.Open "C:\tmp\samp.xlsx"
 End With
End Sub

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Excelファイルを開くPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Excelファイルを開くPowerPointマクロ

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.