Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » Word2000でコネクタを使う−Microsoft Draw

Word2000でコネクタを使う−Microsoft Draw

対象:Word2000

フローチャートを描きたい」というネタの中で、Wordでコネクタがあるのは2002以降だと記述しました。

確かに通常のWordの状態で、[図形描画]ツールバー−[オートシェイプ]の中に[コネクタ]が現れるのはWord 2002からです。

[スポンサードリンク]

しかし実は、Word 2000でもコネクタを使うことはできます。


▼操作方法:Word 2000でコネクタを使えるようにする
メニュー[挿入]−[図]−[新しい描画オブジェクト]をクリック

上記の操作を行なうと、Word文書の中に枠が表示され、その中に図形を描くことができるようになります。この状態ならばコネクタが使えるのです。

Word 2002や2003で、描画キャンバスが表示された状態と似ていますが、Microsfot DrawというOfficeに付属した別のソフトが起動した状態で、このMicrosoft Drawであればコネクタを使えるのです。

このMicrosoft Drawですが、私は持っていないので残念ながら確認できないのですけれど、Word 98でも付属しているようです。

それから、Microsoft DrawのEXEファイルは「MSDRAW82.EXE」というファイルですが、このファイルを直接実行してもMicrosoft Drawは起動することはできません。Microsoft Drawは他のソフトからのみ実行できます。

関連語句
描画キャンパス
[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » Word2000でコネクタを使う−Microsoft Draw

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » Word2000でコネクタを使う−Microsoft Draw

「描画オブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.