Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » 互換モードか否かによるWord 2010の図形・オートシェイプの違い


互換モードか否かによるWord 2010の図形・オートシェイプの違い

対象:Word2010

Word 2010の場合、ファイルが互換モードか否かで、ワードアートが異なること、テキストボックスでリボンの状態が違うことをご紹介しました。

図形(2003までのオートシェイプ)も、ファイルが互換モードか否かでリボンの状態は異なります。

[スポンサードリンク]

下図が互換モードのファイルで図形を挿入したあとのリボンの状態で

互換モードか否かによるWord2010の図形・オートシェイプの違い

下図が互換モードではないWord 2010モードのファイルで図形を挿入したあとのリボンの状態です。

互換モードか否かによるWord2010の図形・オートシェイプの違い

リボンに表示されているコンテキストツールの名称はいずれも[描画ツール]ですが、その中に表示されているコマンドは微妙に異なります。

拡張子が「.doc」であれは、互換モードであることが理解しやすいですが、拡張子が「.docx」でも互換モード(Word 2007互換モード)のことがあります。

タイトルバーに「互換モード」と表示されていないか確認することをおすすめします。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » 互換モードか否かによるWord 2010の図形・オートシェイプの違い

TrackBack:1

TrackBack URL
図形を回転するキーボード操作-Alt+←・→ from インストラクターのネタ帳
対象:Word2010, Excel2010, PowerPoint2010 図形(オートシェイプ)は、緑色の回転ハンドルをマウスでドラッグすることで、...

Home » Word(ワード)の使い方 » 描画オブジェクト » 互換モードか否かによるWord 2010の図形・オートシェイプの違い

「描画オブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.