Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAで段落番号の文字列を書式も含めて取得する


VBAで段落番号の文字列を書式も含めて取得する

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

「word vba 段落番号」
といった検索キーワードでのアクセスが、時折あります。

段落番号に関連したWord VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探していた方による検索です。

どのアプリケーションでの話かわかりませんけれど、
「vba 段落番号 取得」
という検索キーワードでのアクセスもあります。

この記事では段落番号を取得するWordマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

段落番号を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、選択されていた段落の段落番号がメッセージボックスに、順番に表示されます。


Sub 段落番号を取得する()
 Dim par As Paragraph

 For Each par In Selection.Paragraphs
  MsgBox par.Range.ListFormat.ListString
 Next par
End Sub

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

ListFormatオブジェクトを使うとWordの箇条書き書式を扱うことができ、段落番号はListFormat.ListStrigプロパティで取得できます。

VBAで段落番号を取得する

ListFormatオブジェクトを取得するListFormatプロパティは、オブジェクトブラウザーを完全一致検索すると、Paragraphオブジェクトには存在せず、Rangeオブジェクトに用意されていることがわかるので、

VBAで段落番号を取得する

上記のマクロでは、
  Dim par As Paragraph
   MsgBox par.Range.ListFormat.ListString
というオブジェクト式にしています。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAで段落番号の文字列を書式も含めて取得する

TrackBack:1

TrackBack URL
見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
見出し1・アウトラインレベル1の文字列と段落番号を取得するWordマクロをご紹介しています。

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » VBAで段落番号の文字列を書式も含めて取得する

「段落・パラグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.