Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 段落数を取得するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba 総段落数を取得」
「wordマクロ 段落の数」
「ワード2010 マクロ 段落数」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

段落の数を取得するWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

アクティブ文書の段落数を取得するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、アクティブ文書の段落数を取得することができます。


Sub 段落数を取得する()
 MsgBox ActiveDocument.Paragraphs.Count
End Sub

Paragraphsプロパティで全段落を表すParagraphsコレクションオブジェクトを取得して、そのCountプロパティで段落数を取得しています。

開いている文書の段落数をExcelに出力するWordマクロ

以下のようなマクロで、開いている文書の文書名と段落数を、Excelに書き出すことができます。


Sub 段落数をExcelに書き出す()
 Dim doc As Document
 Dim xl_app As Object
 Dim xl_wbk As Object
 Dim r As Long  '行番号

 Set xl_app = CreateObject("Excel.Application")
 With xl_app
  .Visible = True
  Set xl_wbk = .Workbooks.Add
 End With

 r = 1

 With xl_wbk.Worksheets(1)

  .Cells(r, "A").Value = "文書名"
  .Cells(r, "B").Value = "段落数"

  For Each doc In Documents
   r = r + 1
   .Cells(r, "A").Value = doc.Name
   .Cells(r, "B").Value = doc.Paragraphs.Count
  Next doc

  .Range("A1").CurrentRegion.EntireColumn.AutoFit

 End With

 Set xl_wbk = Nothing
 Set xl_app = Nothing
End Sub

ExcelをCreateObjectして表示し、
 Set xl_app = CreateObject("Excel.Application")
 With xl_app
  .Visible = True

新規ブックを作成します。
  Set xl_wbk = .Workbooks.Add

出力先の行番号を格納する変数・rを初期化して、
 r = 1

先ほど作成した新規ブックの、1枚目のシートに見出し行を作成し、
 With xl_wbk.Worksheets(1)
  .Cells(r, "A").Value = "文書名"
  .Cells(r, "B").Value = "段落数"

開いている全文書にループを回して、
  For Each doc In Documents

文書名と段落数を2行目以降に書き出しています。
   r = r + 1
   .Cells(r, "A").Value = doc.Name
   .Cells(r, "B").Value = doc.Paragraphs.Count

全文書のループが終わったら、Excelの列幅を調整しています。
  Next doc
  .Range("A1").CurrentRegion.EntireColumn.AutoFit

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 段落数を取得するWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » 段落数を取得するWordマクロ

「段落・パラグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.