Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » PowerPointファイルを開くExcelマクロ

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel ppt vba ファイルを開く」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBAから、PowerPointファイルを開くコード
 もしくは、
PowerPoint VBAから、Excelファイルを開くコード
 のいずれかを、探している方による検索でしょうか。

この記事では前者の、PowerPointのプレゼンテーションファイルを開くExcelマクロを、いくつかご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

CreateOject関数とオブジェクト変数を使ってPowerPointを開くExcelマクロ

VBA(Visual Basic for Applications)のCreateObject関数と、

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

オブジェクト変数を使う場合、以下のようなマクロです。


Sub ExcelからPowerPointを開く_CreateObject()

 Dim pp_app As Object  ' PowerPoint.Application

 Set pp_app = CreateObject("PowerPoint.Application")
 pp_app.Visible = True
 pp_app.Presentations.Open "C:\tmp\samp.pptx"
 Set pp_app = Nothing

End Sub

PowerPointライブラリのApplicationオブジェクトを、

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

CreateObjectして、オブジェクト変数にセットし、
  Set pp_app = CreateObject("PowerPoint.Application")

PowerPoint.ApplicationオブジェクトのVisibleプロパティを、

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

Trueに設定して、
  pp_app.Visible = True

PowerPoint.PresentationsコレクションオブジェクトのOpenメソッドで、

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

Cドライブの、tmpフォルダーの、samp.pptxファイルを開いています。
  pp_app.Presentations.Open "C:\tmp\samp.pptx"

CreateOject関数とWithキーワードを使ってPowerPointを開くExcelマクロ

同じことを、オブジェクト変数を使わずに行う場合、以下のようなマクロです。


Sub ExcelからPowerPointを開く_CreateObject_With()

 With CreateObject("PowerPoint.Application")
  .Visible = True
  .Presentations.Open "C:\tmp\samp.pptx"
 End With

End Sub

参照設定されている環境でオブジェクト変数を使ってPowerPointを開くExcelマクロ

PowerPointへの参照設定が行われている環境で、

PowerPointファイルを開くExcelマクロ

オブジェクト変数を使ってPowerPointを開くには、以下のようなマクロです。


Sub ExcelからPowerPointを開く_参照設定あり()

 Dim pp_app As PowerPoint.Application

 Set pp_app = New PowerPoint.Application
 pp_app.Visible = True
 pp_app.Presentations.Open "C:\tmp\samp.pptx"
 Set pp_app = Nothing

End Sub

先ほどのCreateObject関数とオブジェクト変数を使ったマクロでは、
  Dim pp_app As Object
と、総称Object型で変数宣言していましたが、参照設定されていれば、
  Dim pp_app As PowerPoint.Application
と、PowerPointライブラリのApplicationオブジェクトとして宣言して、
  Set pp_app = New PowerPoint.Application
のようにNewキーワードを使ってセットできます。

参照設定されている環境でWithキーワードを使ってPowerPointを開くExcelマクロ

参照設定されている環境で、オブジェクト変数を使わないのであれば、以下のようなマクロです。


Sub ExcelからPowerPointを開く_参照設定あり_With()

 With New PowerPoint.Application
  .Visible = True
  .Presentations.Open "C:\tmp\samp.pptx"
 End With

End Sub

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » PowerPointファイルを開くExcelマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
Excelファイルを開くPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
Excelファイルを開くPowerPoint(パワーポイント)マクロをご紹介しています。

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » PowerPointファイルを開くExcelマクロ

「Office連携」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.