Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows8で拡張子を表示する

対象:Windows8

Office 2007で採用されたリボンUIは、Windows 8ではエクスプローラーでも採用されています。

Windows 8で拡張子を表示する

未だにリボンUIに苦手意識を持つ方も多いようですが、Windows 8のエクスプローラーを使い始めると、便利だなと感じることが多々あります。

エクスプローラーで拡張子を表示するのも便利だと感じる操作の一つです。

[スポンサードリンク]

Windows 8のエクスプローラーで拡張子を表示するには以下の操作を行ってください。


▼操作方法:拡張子を表示する
[表示]タブ
 -[表示/非表示]グループ
  -[ファイル名拡張子]チェックボックスをOnにする

Windows 8で拡張子を表示する

Windows 7で拡張子を表示するには、[フォルダーオプション]ダイアログ−[表示]タブ-[詳細設定]欄−[登録されている拡張子は表示しない]チェックボックスをOffにします。

Windows 8でも7と同様の方法で拡張子を表示することができますが、

Windows 8で拡張子を表示する

[フォルダーオプション]ダイアログを表示するよりも、[表示]タブ-[表示/非表示]グループ-[ファイル名拡張子]チェックボックスをOnにするほうが、はるかに簡単です。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows8で拡張子を表示する

TrackBack:1

TrackBack URL
エクスプローラーでアイコンの表示サイズを変更するショートカットキー from インストラクターのネタ帳
対象:Windows8 Windows 8のエクスプローラーは、さりげなく便利になっていると感じます。 エクスプローラーで開いているフォルダをカレントパ...

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows8で拡張子を表示する

「Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.