Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows 8付属の付箋紙ソフト

対象:Windows8

Windowsのデスクトップに、メモ書きを残せる、付箋紙ソフトを愛用している方は少なくないようです。

Windows 8付属の付箋紙ソフト

以前は無料の付箋紙ソフトを探してインストールする必要がありましたが、最近のWindowsでは付箋紙ソフトは最初からインストールされています。

Windows 8にも、もちろん「付箋」は付属しています。

[スポンサードリンク]

Windows 8に付属している付箋を起動するには以下の操作を行ってください。


▼操作手順:付箋を起動する
スタート画面で「付箋」を検索
 ↓
検索された[付箋]をタップ・クリック

注意点は「付箋」で検索することです。
うっかり「付箋紙」で検索した場合は、ヒットしません。

[Windows]+[Q]キーを押して、アプリの検索チャームを表示してから検索してもいいですが、スタート画面でいきなり「付箋」と検索を開始するほうが、簡単だと思います。

起動した付箋の中で右クリックして表示されるショートカットメニューから色を変更したり、

Windows 8付属の付箋紙ソフト

ショートカットキー[Ctlr]+[Shift]+[<][>]で文字サイズを変更したりできるのは、Windows 7に付属している付箋と同じです。

[Ctrl]+[Shift]+[L]キーで箇条書きを設定できるのもWindows 7の付箋と同じですが、設定できる箇条書きの種類が増えていて、私は、ちょっと多すぎではないかと感じています。

[Windows]+[R]キーを押して表示される「ファイル名を指定して実行」ダイアログからの場合、「stikynot」で起動できるのもWindows 7の付箋と同じです。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows 8付属の付箋紙ソフト

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » Windows 8付属の付箋紙ソフト

「Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.