Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » 「Windows 8」は「新しいVista」なのか?

「Windows 8」は「新しいVista」なのか?

「Windows 8」は「新しいVista」 by Microsoft社員
という記事があげられていました。

日本での実情ではどうなのか気になり、このサイト「インストラクターのネタ帳」にアクセスいただいているみなさんの場合、どのバージョンのWindowsを使ってらっしゃるのか、アクセスログを確認してみました。

Windows 8の一般発売が2012年10月26日でしたので、2012年12月と、その1年後の2013年12月で比較してみます。

[スポンサードリンク]

訪問者数の比較は以下のとおりです。

 2012年12月2013年12月
Windows 8.1014,067
Windows 87,19342,325
Windows 7709,294872,673
Windows Vista109,26761,793
Windows XP638,291309,224

それなりにWindows 8や8.1を使っている方が増えています。

実数では傾向が見え辛いので、比率でみてみましょう。(他バージョンのWindowsも含んだ比率ですので合計は100%にはなりません)

 2012年12月2013年12月
Windows 8.10.0%1.1%
Windows 80.5%3.2%
Windows 747.9%65.8%
Windows Vista7.4%4.7%
Windows XP43.1%23.3%

「Windows 8」は「新しいVista」なのか?

XPやVistaが減っているのは当然として、一番増えているのは、8や8.1ではなくWindows 7です!

このサイト・インストラクターのネタ帳は、平日の昼間、仕事中にご覧いただく方が多いという傾向があります。

「インストラクターのネタ帳」をご覧いただいているみなさんの職場でXPからの移行先は、Windows 8や8.1よりも、Windows 7が選ばれているらしいと、このデータからは読むことができそうです。

2014年4月9日のXPサポート終了に向け、この比率がどう変化していくのか、時々チェックしてみようと思います。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » 「Windows 8」は「新しいVista」なのか?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方 » 「Windows 8」は「新しいVista」なのか?

「Windows 8(ウィンドウズエイト)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.