Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » スライドマスタを簡単に表示する−Shift+標準表示ボタン

スライドマスタを簡単に表示する−Shift+標準表示ボタン

対象:PowerPoint2002, PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010

PowerPointで効率的にスライドのデザインを変更するには、スライドマスタの編集が必須です。

スライドマスタを表示する教科書的操作

スライドマスタを表示する場合、
 2010ならば、
  [表示]タブ−[マスター表示]−[スライドマスター]
 2007ならば、
  [表示]タブ−[プレゼンテーションの表示]−[スライドマスタ]
 2003までのPowerPointなら、
  [表示]−[マスタ]−[スライドマスタ]
をクリックするのが教科書的な操作です。

スライドマスタを編集していて、頻繁に標準表示とスライドマスタ表示を切り替える場合に、教科書的な操作だと結構面倒です。

[スポンサードリンク]

スライドマスタを簡単に表示する

スライドマスタを表示するのに、上記のような教科書的な操作よりも、簡単な操作がありますのでご紹介しておきます。


▼操作方法:スライドマスタを表示する
[Shift]キーを押しながら[標準]表示ボタンをクリックする

[標準]表示ボタンというのは、PowerPoint 2007・2010の場合は下図のようなボタンです。

スライドマスタを簡単に表示する

PowerPoint 2002・2003の[標準表示]ボタンは下図のボタンです。

スライドマスタを簡単に表示する

[Shift]キーを押しながら、これらのボタンをクリックしてやれば、スライドマスタが表示されます。

逆に、スライドマスタの表示されている状態で、[標準]表示ボタンをクリックすれば通常のスライド編集モードになります。

スライドマスタを頻繁に編集するようなときに、是非お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » スライドマスタを簡単に表示する−Shift+標準表示ボタン

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » スライドマスタを簡単に表示する−Shift+標準表示ボタン

「書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.