Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » ノートに書式を設定する

ノートに書式を設定する

対象:PowerPoint97,PowerPoint2000,PowerPoint2002,PowerPoint2003

プレゼンテーション時の注意点などを入力しておくための、ノートという機能がPowerPointに用意されています。

2000以降のバージョンの場合、標準表示モードでスライドの下に「クリックしてノートを入力」と表示された[ノート]ペインを使ってノートを入力する方が多いでしょう。

おそらくこの仕様のためでしょうが、ノートには書式を設定することはできないと思っている方が少なくないようです。

[スポンサードリンク]

ノートにも書式を設定することができますので、ノートをよく利用している方は試してみてはいかがでしょう。


▼操作方法:ノート表示モードにする
メニュー[表示]−[ノート]をクリック

上記の操作をすると、画面上にスライド、画面下にノートがプレースホルダとして表示される状態となります。

この状態になってしまえば、通常スライド上のプレースホルダで書式設定を行うのと同様の操作で、ノートでもフォントサイズを変更したり、太字や下線を設定したりということができるようになります。

PowerPoint 97では、ノートを入力するのはノート表示モードで行っていたため、ノートに書式設定ができないと思い込んでいる方は少なかったように感じますが、最近はノート表示モードの存在に気づかないためノートには書式設定できないと思っている方が増えたのかなと想像しています。

なお、このサイトではPowerPointのノートについて以下のようなネタをご紹介していますので、合わせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » ノートに書式を設定する

TrackBack:1

TrackBack URL
ノート部分を大きくして印刷する from インストラクターのネタ帳
対象:PowerPoint97,PowerPoint2000,PowerPoint2002,PowerPoint2003 ノート部分を抜き出すために、...

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » 書式 » ノートに書式を設定する

「書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.