Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 表示サイズを変更するショートカットキー−Ctrl+[-][+]キー


表示サイズを変更するショートカットキー−Ctrl+[-][+]キー

対象:InternetExplorer7, InternetExplorer8

IE(Internet Explorer)の右下の[拡大レベルの変更]ボタンをクリックすることで、表示サイズが変更されることをご紹介しました。

表示サイズの拡大・縮小は、ショートカットキーも用意されています。

[スポンサードリンク]

表示サイズの変更を頻繁に利用する方の場合、ショートカットキーを利用するほうが便利でしょう。


▼操作方法:表示サイズを拡大する
[Ctrl]キー+[+]キー

▼操作方法:表示サイズを縮小する
[Ctrl]キー+[-]キー

拡大が[Ctrl]+[+]キー、縮小が[Ctrl]+[-]キーと、意味的にもとてもわかりやすく覚えやすいショートカットキーが割り当てられています。

IEをお使いの方でご存じなかった方は、一度ご確認ください。

ちなみに英語をスラスラ読めるわけでもない私の場合、英語のサイトを読むときは[Ctrl]+[+]キーをよく活用しています。

関連語句
Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 表示サイズを変更するショートカットキー−Ctrl+[-][+]キー

TrackBack:1

TrackBack URL
表示サイズを100%に戻す−Ctrl+0キー from インストラクターのネタ帳
対象:InternetExplorer7, InternetExplorer8 IE(Internet Explorer)の右下の[拡大レベルの変更]...

Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 表示サイズを変更するショートカットキー−Ctrl+[-][+]キー

「IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.