Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » ロケールID指定時のサンプル

対象:Excel2002,Excel2003,Excel2007

Excelのユーザー定義書式で見かける[$-411]という記述が、日本語をあらわすロケールIDの指定を行っている記述だということをご紹介しました。

このことを知った方の中には、ロケールIDを指定すると、どんなことができるのかという疑問を持つ方もいらっしゃるようです。

ロケールID指定の一番わかりやすい例は、曜日指定をするユーザー定義書式「aaaa」などにロケールIDを合わせて指定することじゃないかと、私は感じています。

書式「aaaa」でロケールIDを指定

[スポンサードリンク]

上図のE18セルには、
「=E$1」という式が入力して、
「[$-411]aaaa」というユーザー定義書式を
指定しています。

「(2008年)6月30日」というデータを、日本語の曜日で表示させる指定です。

上図のE19セルには、
「=E$1」という式が入力して、
「[$-412]aaaa」というユーザー定義書式を
指定しています。

「(2008年)6月30日」というデータを、韓国語の曜日で表示させる指定です。

▼サンプルファイル(003091.xls 104KByte)ダウンロード

サンプルファイルのE2:K117セルに入力されている式と、ユーザー定義書式をご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » ロケールID指定時のサンプル

TrackBack:1

TrackBack URL
日曜日は星期天?−[$-804]aaaa from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 ツイッターを見ていたら、 「そうそう! RT @Bunmei...

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » ロケールID指定時のサンプル

「日付・時間の表示形式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.