Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 1月〜12月順に並べ替え−ユーザー定義書式

1月〜12月順に並べ替え−ユーザー定義書式

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

[並べ替えオプション]ダイアログ−[並べ替え順序の指定]コンボボックスを使って、「1月・2月・3月・・・12月」の順に並べ替えられることを紹介しました。

他にも方法があります。

[並べ替えオプション]ダイアログで設定をしなくても並べ替えのできるデータを、はじめから入力しておけばいいのです。

単純に「1月」と入力してからオートフィルを使って「2月・3月・4月・・・12月」といったデータを作成した場合、文字データとして入力されているため単純に並べ替えができません。

[スポンサードリンク]

Excelでは日付データを数値として扱っていますから、本来の日付データの書式を変更して「1月」といった表示にした場合、並べ替えを行えば本来の日付順に並んでくれるわけです。


▼操作手順:月の順序どおりに並べ替えのできるデータを入力する
「1/1」と入力
 ↓
「1月1日」と表示されたセルを選択し
メニュー[書式]−[セル]をクリック
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[表示形式]タブをクリック
 ↓
[分類]欄で、「ユーザー定義」を選択
 ↓
[種類]欄に「m"月"」と入力
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック
 ↓
右ボタンで「1月」をオートフィル
 ↓
ショートカットメニューから[連続データ(月単位)]をクリック

Excelでは日付データを数値として扱っており、ユーザー定義書式で様々な書式に変更することができること、右ボタンを使ったオートフィルで様々な連続データを簡単に作成できることを利用した操作です。

このサイトでご紹介してきた、以下のようなネタも合わせてご参照ください。

関連語句
並べかえる,ならべかえる,並び替える,ならびかえる,ソートする,ソーティングする 
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 1月〜12月順に並べ替え−ユーザー定義書式

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 日付・時間の表示形式 » 1月〜12月順に並べ替え−ユーザー定義書式

「日付・時間の表示形式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.