Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » CDコマンドでドライブを変更−/Dスイッチ


CDコマンドでドライブを変更−/Dスイッチ

ドライブレターの後ろに[:](コロン)をつけて[Enter]キーを押せば、コマンドプロンプトでカレントドライブの変更が可能です。

一般的にはこの方法をご利用になっている方が多いんじゃないかと思っていますが、他の方法でもカレントドライブを変更できます。

[スポンサードリンク]

「CDコマンドでドライブの変更ができないのでしょうか?」
というご質問をいただくことがあるわけですが、そのCDコマンドでもカレントドライブは変更できるのです。


▼操作方法:カレントドライブを変更する
※Dドライブに変更する例

コマンドプロンプトで
「cd /d d:」
と入力後[Enter]キーを押す

「/D」オプションをつけると、CDコマンドでドライブも変更できます。

カレントドライブを変更するだけならば、
「cd /d d:」より
「d:」のほうが
入力する文字列が少ないのでCDコマンドを使わない方が簡単ですが、CDコマンドを使えばカレントディレクトリまで変更できる点が便利な点でしょう。


▼j操作方法:カレントディレクトリを変更する
※Dドライブのtempディレクトリにカレントディレクトリを変更する例

コマンドプロンプトで
「cd /d d:\temp」
と入力後[Enter]キーを押す

ドライブだけ変更したいのか、ディレクトリまで一気に指定したいのかによって、両者を使い分けるといいんじゃないでしょうか。

関連語句
DOS窓,command prompt
[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » CDコマンドでドライブを変更−/Dスイッチ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » CDコマンドでドライブを変更−/Dスイッチ

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.