Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトのコマンド一覧

コマンドプロンプトのコマンド一覧

「コマンドプロンプトで使えるコマンド一覧が見たいのですが...」
というご質問をいただくことがありますので、Windows Vistaのコマンドプロンプトのヘルプから一覧にしておきます。

[スポンサードリンク]
コマンド名概要
ASSOCファイル拡張子の関連付けを表示または変更します。
ATTRIBファイルの属性を表示または変更します。
BREAK拡張CTRL+Cチェックを設定または解除します。
BCDEDITブートデータベースのプロパティを設定して起動時の読み込みを制御します。
CACLSファイルのアクセス制御リスト(ACL)を表示または変更します。
CALLバッチプログラム中から、別のバッチプログラムを呼び出します。
CD現在のディレクトリを表示または変更します。
CHCP有効なコードページ番号を表示または設定します。
CHDIR現在のディレクトリを表示または変更します。
CHKDSKディスクをチェックし、状態を表示します。
CHKNTFS起動時のディスクのチェックを表示または変更します。
CLS画面を消去します。
CMDWindowsコマンドインタープリタを新しく起動します。
COLORコンソールの文字と背景の既定の色を設定します。
COMP2個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較します。
COMPACTNTFSパーティション上のファイルの圧縮状態を表示または変更します。
CONVERTFATボリュームをNTFSに変換します。現在のドライブは変換できません。
COPY1個以上のファイルを別の場所にコピーします。
DATE日付を表示または変更します。
DEL1個以上のファイルを削除します。
DIRディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示します。
DISKCOMP2つのフロッピーディスクの内容を比較します。
DISKCOPYフロッピーディスクの内容を別のフロッピーディスクにコピーします。
DISKPARTディスクパーティションのプロパティを表示または構成します。
DOSKEYコマンドラインの編集、Windowsコマンドの再呼び出し、マクロの作成をします。
DRIVERQUERY現在のデバイスドライバの状態とプロパティを表示します。
ECHOメッセージの表示、コマンドエコーのオン、オフの指定をします。
ENDLOCALバッチファイルで、環境変数のローカル化を終了します。
ERASE1個以上のファイルを削除します。
EXITCMD.EXEプログラム(コマンドインタープリタ)を終了します。
FC2個のファイルまたはファイルの集合の内容を比較して、それらの違いを表示します。
FINDファイルの中からテキスト文字列を検索します。
FINDSTRファイルの中から文字列を検索します。
FOR指定されたコマンドを、ファイルの集合の各ファイルに対して実行します。
FORMATWindowsで使用するためのディスクをフォーマットします。
FSUTILファイルシステムプロパティを表示または構成します。
FTYPEファイル拡張子の関連付けで使われるファイルタイプを表示または変更します。
GOTOバッチプログラム中で、ラベルで定義されている行へWindowsコマンドインタープリタの実行を移します。
GPRESULT コンピュータまたはユーザーのグループポリシー情報を表示します。
GRAFTABL Windowsがグラフィックモードで拡張文字セットを表示できるようにします。
HELPWindowsコマンドのヘルプ情報を表示します。
ICACLSファイルおよびディレクトリのACLを表示、変更、バックアップまたは復元します。
IFバッチファイル中で、条件処理を実行します。
LABELディスクのボリュームラベルを作成、変更、または削除します。
MDディレクトリを作成します。
MKDIRディレクトリを作成します。
MKLINKシンボリックリンクおよびハードリンクを作成します。
MODEシステムデバイスを設定します。
MORE出力を一度に1画面ずつ表示します。
MOVE1個以上のファイルをディレクトリから別のディレクトリに移動します。
OPENFILESリモートユーザーによって開かれている共有ファイルを表示します。
PATH実行可能ファイルの検索パスを表示または設定します。
PAUSEバッチファイルの処理を一時停止し、メッセージを表示します。
POPD現在のディレクトリをPUSHDで保存したディレクトリに戻します。
PRINTテキストファイルを印刷します。
PROMPTWindowsコマンドプロンプトを変更します。
PUSHD現在のディレクトリを保存して、変更します。
RDディレクトリを削除します。
RECOVER不良または欠陥ディスクから読み出し可能な情報を復元します。
REMバッチファイルやCONFIG.SYSの中で、コメント(注釈)を記録します。
RENファイルの名前を変更します。
RENAMEファイルの名前を変更します。
REPLACEファイルを置き換えます。
RMDIRディレクトリを削除します。
ROBOCOPYファイルやディレクトリ構造をコピーする詳細ユーティリティ
SETWindows環境変数を表示、設定、または削除します。
SETLOCALバッチファイルで、環境変数のローカル化を開始します。
SCサービスを表示または構成します(バックグラウンドプロセス)。
SCHTASKSコンピュータ上で実行されるコマンドとプログラムをスケジュールします。
SHIFTバッチファイルで、置き換え可能パラメータの位置をシフトします。
SHUTDOWNローカルまたはリモートのコンピュータのシャットダウンを許可します。
SORT入力を並べ替えます。
START別のウィンドウを起動して、指定したプログラムまたはコマンドを実行します。
SUBSTパスをドライブ名で置き換えます。
SYSTEMINFOコンピュータ特有のプロパティと構成を表示します。
TASKLISTサービスを含む現在実行されているすべてのタスクを表示します。
TASKKILL実行されているプロセスまたはアプリケーションを削除または停止します。
TIMEシステム時刻を表示または変更します。
TITLEコマンドプロンプトウィンドウのタイトルを設定します。
TREEドライブまたはパスのディレクトリ構造を図式表示します。
TYPEテキストファイルの内容を表示します。
VERWindowsのバージョンを表示します。
VERIFYファイルがディスクへ正しく書き込まれたかを照合するかどうかWindowsへ指定します。
VOLディスクのボリュームラベルとシリアル番号を表示します。
XCOPYファイルやディレクトリ構造をコピーします。
WMIC会話型コマンドシェルのWMI情報を表示します。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトのコマンド一覧

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » コマンドプロンプトのコマンド一覧

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.