Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » 特定のファイルリストを作成−DIRコマンド

特定のファイルリストを作成−DIRコマンド

対象:WindowsXP

コマンドプロンプトで、DIRコマンドを利用してファイル名一覧を作成する方法をご紹介しました。

この方法を知った方からは、
「特定のファイルの一覧を作ることはできないのでしょうか?」
「特定の種類のファイル一覧を作成するにはどうすればいいのでしょうか?」
といったご質問をいただくこともあります。

[スポンサードリンク]

例えば、あるフォルダの中に、Wordのファイル・Excelのファイル・PowerPointのファイルなどが混在しているときに、Excelファイルだけの一覧を作成したいといったご質問です。

これもDIRコマンドを利用するときにパラメーターを指定すれば簡単にできてしまいます。


▼操作手順:特定のファイル一覧を作成する
(Excelファイルの一覧をfilelist.txtファイルに作成する例)

コマンドプロンプトで一覧を作成したいフォルダへ移動後
「dir /b *.xls > filelist.txt」
と入力し[Enter]キーを押す

上記の操作をすると、そのフォルダ(ディレクトリ)内にある拡張子が「.xls」のファイル=Excelファイルのリストが「filelist.txt」として作成されます。

Wordファイルのリストを作成したいのならば拡張子「.doc」を指定して
「dir /b *.doc > filelist.txt」
PowerPointのファイル一覧を作成するのなら「.ppt」を指定して
「dir /b *.ppt > filelist.txt」
です。

関連語句
DOS窓,command prompt
[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » 特定のファイルリストを作成−DIRコマンド

TrackBack:1

TrackBack URL
コマンドプロンプト内で日本語入力をOnに from インストラクターのネタ帳
対象:コマンドプロンプト コマンドプロンプト関連のネタをいくつかご紹介してきました。 ファイルを結合する−COPYコマンド 結合して新しいファイルを作成−COPYコマンド ファイル名一覧を作成したい−DIRコマンド 特定のファイルリストを作成−DIRコマンド これらのご...

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » 特定のファイルリストを作成−DIRコマンド

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.