Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » ファイル結合の方法−TYPEコマンド・>>演算子

ファイル結合の方法−TYPEコマンド・>>演算子

コマンドプロンプトのCOPYコマンドで、テキストファイルを結合する方法をご紹介しました。

他にもファイル結合を行う方法があります。

TYPEコマンドを利用するのです。

[スポンサードリンク]

TYPEコマンドは、通常、ファイルの内容を表示するようなときに利用するコマンドですが、リダイレクトを利用することでファイルの結合もできるのです。


▼操作方法:2つのファイルを結合する
※aaa.txtとbbb.txtを結合する例

コマンドプロンプトで、
「type bbb.txt >> aaa.txt」と入力し、
[Enter]キーを押す

上記の操作を行うと、aaa.txtの後ろにbbb.txtファイルの中身が出力され、一つのファイルに結合されるのです。

リダイレクト演算子は、「>」が有名ですが、ここでは「>>」を利用します。

「>」を利用すると上書きが行われますが、「>>」では追記が行われるのです。

COPYコマンドしかご存知なかったという方は、一度TYPEコマンドによるファイル結合も試してみてはいかがでしょう。

関連語句
DOS窓,command prompt

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » ファイル結合の方法−TYPEコマンド・>>演算子

TrackBack:2

TrackBack URL
TYPEコマンドの本来の使い方 from インストラクターのネタ帳
TYPEコマンドを使ってファイルを結合する方法をご紹介しました。 TYPEコマンドの、どちらかといえば裏技的な使い方をご紹介してしまったので、本来の使い...
複数のテキストファイルを一つにまとめる−TYPEコマンド・>演算子 from インストラクターのネタ帳
「複数のテキストファイルを簡単に一つにまとめるにはどうしたらいいですか?」 「大量のファイルを結合する簡単な方法はありませんか?」 というご質問をいただ...

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » コマンドプロンプト » ファイル結合の方法−TYPEコマンド・>>演算子

「コマンドプロンプト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.