Home » Word(ワード)の使い方 » 入力・編集 » 保存時にマウスのあった場所にカーソルを移動−Shift+F5キー


保存時にマウスのあった場所にカーソルを移動−Shift+F5キー

対象:Word

Wordで長文を作成するということはあります。会社員であれば報告書、学生であればレポートなど。作成に何日もかかることもあるでしょう。途中まで作成していたDOCファイルを開いて、前日記述していた箇所を探すのはどうされていますか?

[スポンサードリンク]

画面をスクロールして目視確認して探す方が多いと思います。


▼操作方法:保存時の編集箇所を表示する
[Shift]キー+[F5]キーを押す

前日作業していたファイルを開いてこの操作をするだけで、保存時にカーソルがあった場所を簡単に表示できます。

以前、直前の編集箇所を表示する方法をご紹介しましたが、まったく同じ操作です。作業を続けている途中でも、保存しておいたファイルを開いた直後でも[Shift]+[F5]で直前の編集箇所を表示できるわけです。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 入力・編集 » 保存時にマウスのあった場所にカーソルを移動−Shift+F5キー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » 入力・編集 » 保存時にマウスのあった場所にカーソルを移動−Shift+F5キー

「入力・編集」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.