Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 改ページの文字コードをWord VBAで調べる

改ページの文字コードをWord VBAで調べる

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2010 ビルド13328.20292 Microsoft Store)

「word vba 改ページコード」
といった検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Wordの、改ページの文字コードポイント・文字コード番号を調べていた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

Wordの改ページの文字コードは12

結論からお伝えすると、Wordの改ページの文字コードは「12」です。

ですから、VBAのChr関数の引数に文字コード「12」を指定した、
  Selection.InsertAfter Chr(12)
というコードを実行すると、カーソル位置の後ろに、改ページを挿入できます。

文字コードを確認するサンプルマクロ

改ページの文字コードが「12」であることを覚えるよりも、文字コードを調べるコードを書けるようになるほうがイイと私は考えています。

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブな文書の文字が順番に選択され、その文字と、文字コードがメッセージボックスに表示されます。

Sub 文字コードを順番に確認する()
 Dim rng As Range
 For Each rng In ActiveDocument.Characters
  rng.Select
  MsgBox rng.Text & vbCrLf & Asc(rng.Text)
 Next
End Sub

Documentオブジェクトに用意されているCharactersプロパティを使うと、

Word文書の本文のすべての文字を単独のRangeオブジェクトとして含むCharactersコレクションを取得できます。

このDocument.Charactersプロパティで取得したCharactersコレクションに対してFor Each~Nextループを回し、選択し、その文字とVBAのAsc関数で取得した文字コードをメッセージボックスに表示しています。

改ページを含むWord文書がアクティブな状態で上記のSubプロシージャを実行すると、改ページの文字コードが「12」であることと共に、段落記号の文字コードが「13」であることなども一緒にわかるはずです。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 改ページの文字コードをWord VBAで調べる

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 改ページの文字コードをWord VBAで調べる

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.