Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

クリップボードの表示・非表示を切り替えるExcelマクロをご紹介しました。

Wordの場合はどうなっているのかと気になって調べてみたところ、Excelとは違っていたので記事にしておきます。

[スポンサードリンク]

Word VBAではApplication.ShowClipboardメソッド

WordのVBE(Visual Basic Editor)のオブジェクトブラウザーで「clip」を検索してみると、下図のようなApplication.ShowClipboardメソッドが見つかりました。

クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

念のためApplicationオブジェクトのメンバーを確認すると、下図のようにDisplay○○というプロパティはいくつかありますが、ExcelのようなDisplayClipboardWindowプロパティは存在していません。

クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

クリップボードの表示・非表示を切り替えるサンプルマクロ

Wordの場合は、以下のようなマクロでクリップボードの表示・非表示を切り替えることができます。


Sub クリップボードの表示を切り替える()
 Application.ShowClipboard
End Sub

WordのApplication.ShowClipboardメソッドは、クリップボードが表示されていれば非表示に、非表示の場合には表示してくれるので、ExcelのDisplayClipboardWindowプロパティのようにNot演算子を使わなくても表示・非表示の切り替えになります。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » クリップボードの表示・非表示を切り替えるWordマクロ

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.