Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » 定数を設定できるプロパティは実際の値をローカルウィンドウで指定できます

定数を設定できるプロパティは実際の値をローカルウィンドウで指定できます

設定も可能なプロパティについては、ローカルウィンドウからデータ変更できることをお伝えしました。

ローカルウィンドウでデータを変更する際に、定数を設定できるプロパティの場合、定数ではなく実際の値を指定することもできます。

Applicationオブジェクトを確認するSubプロシージャ

先日ご紹介したApplicationオブジェクトを確認するSubプロシージャを使って、試してみましょう。
Sub Applicationを確認する()
  Dim app As Application
  Set app = Application
End Sub

PowerPointのウィンドウを最大化した状態から上記のSubプロシージャをステップ実行して、Applicationオブジェクトのプロパティ値変更を確認しましょう。

ローカルウィンドウで実際の値を設定する操作

PowerPointのウィンドウが最大化されているときに、WindowStateプロパティには下図のとおりppWindowMaximizedと表示されます。

この状態から、ppWindowMaximizedを変更可能にしてから「1」と入力し、

[Enter]キーを押して確定すると、PowerPointのウィンドウが最大化から標準状態になり、ローカルウィンドウには定数ppWindowNormalが表示されます。

もちろん定数を入力しても変更できますが、実際の値を入力するほうが簡単なケースは少なくないはずです。

オブジェクトブラウザーで定数の実際の値を確認しましょう

上記の操作で設定した「1」を、オブジェクトブラウザーで確認しておきましょう。

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』のLesson 12「オブジェクトブラウザーの使い方を学習しましょう」でも解説しているオブジェクトブラウザーの検索機能を使って「ppWindowNormal」を検索し、オブジェクトブラウザーの詳細ペインを見ると「Const ppWindowNormal = 1」と表示されており、

実際の値が「1」であることがわかります。
この「1」が先ほどローカルウィンドウで入力した値です。

最終更新日時:2020-03-03 12:43

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » 定数を設定できるプロパティは実際の値をローカルウィンドウで指定できます

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » 定数を設定できるプロパティは実際の値をローカルウィンドウで指定できます

「いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.