Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » PowerPoint 2007(パワーポイント2007) » グループ化のショートカットキーは2007から便利に

グループ化のショートカットキーは2007から便利に

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

PowerPointでグループ化するショートカットキーは2007から便利に-Ctrl+G

ショートカットキーは、一般的にはバージョンが上がっても変更されることはあまりありませんが、PowerPointには2007のときに変更されて、便利になったと感じるショートカットキーがあります。

図形のグループ化のショートカットキーです。

2003までのPowerPointでは、グループ化したいオートシェイプを選択しておいて[Ctrl]+[Shift]+[G]キーを押すことでグループ化ができました。(グループ解除は[Ctrl]+[Shift]+[H]キーでした)

しかしこれが、ちょっと残念なショートカットキーでした。

オートシェイプのグループ化をよく利用する方というのは、頻繁にグループ化を行うのです。

マウスを握りしめたまま、対象をドラッグして選択してグループ化、対象をドラッグして選択してグループ化という操作を繰り返すことがあり、こんなときに左手だけで操作できるショートカットキーがあれば便利だと感じたりします。

[Ctrl]+[Shift]+[G]は、左手だけで押そうとすると、なかなか難易度の高いショートカットキーです。

そのため、2003までのPowerPointでグループ化を繰り返したい場合、1回目はショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[G]を利用して、2回目以降は一般的な操作の繰り返しショートカットキー[F4]を使うという方が多かったのではないかと思います。

[F4]キーは前の操作の繰り返しですから、途中でオートシェイプを新たに挿入してからグループ化したい場合は、また[Ctrl]+[Shift]+[G]を利用する必要があります。

そんなわけで、2003までPowerPointでオートシェイプをグループ化するショートカットキーは残念でした。

[スポンサードリンク]

そのグループ化のショートカットキーが、PowerPoint 2007からは便利になっています。


▼操作方法:図形をグループ化する
[Ctrl]キー+[G]キーを押す

PowerPoint 2007・2010・2013では、左手だけで操作できる[Ctrl]+[G]が、グループ化のショートカットキーになっているのです。(ちなみにPowerPoint 2003で[Ctrl]+[G]は[グリッドとガイド]ダイアログを表示するショートカットキーでした)

これなら、対象をドラッグして選択してグループ化、対象をドラッグして選択してグループ化という繰り返しが、右手でマウスを持ち、左手でショートカットキーを操作することで簡単に行うことができます。

途中で図形を挿入した場合も問題ありません。

2003までのグループ化のショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[G]がどうなったかというと、2007以降はグループ解除のショートカットキーとなっています。

[Shift]キーを組み合わせると、反対の動きになるショートカットキーは一般的によくありますから、
 [Ctrl]+[G]:グループ化
 [Ctrl]+[Shift]+[G]:グループ解除
というのは、とても覚えやすいです。

グループ解除を繰り返したいときは、本当にバラバラになるまで繰り返すことが多いので、1回目だけ[Ctrl]+[Shift]+[G]を使ってあとは[F4]キー連打でまったく問題ないと感じます。

PowerPoint 2007・2010・2013をお使いの方は一度ご確認ください。

関連語句
短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » PowerPoint 2007(パワーポイント2007) » グループ化のショートカットキーは2007から便利に

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » PowerPoint 2007(パワーポイント2007) » グループ化のショートカットキーは2007から便利に

「PowerPoint 2007(パワーポイント2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.