Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 全ファイル名を取得するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba オープンファイル名称の取得 使い方 説明 サンプル」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

開いているファイル名を取得する、PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のサンプルコードなどを探している方による検索です。

開いている文書名を取得するWord VBAのコード、開いているブック名を取得するExcel VBAのコードをご紹介しています。

[スポンサードリンク]

オブジェクト変数を使う方法

PowerPointも同じようなコードで、開いているプレゼンテーション名を取得することができます。


Sub 開いているファイルを調べる_オブジェクト変数()
 Dim prs As Presentation

 For Each prs In Presentations
  Debug.Print prs.Name
 Next prs
End Sub

上記のマクロを実行すると、イミディエイトウィンドウに、開ている全プレゼンテーションファイルの名前が出力されます。

WordやExcelと違うのは、オブジェクトだけです。

Wordの場合はDocumentsコレクションオブジェクトに開いているすべてのDocumentオブジェクトが含まれ、Excelの場合はWorkbooksコレクションオブジェクトに開いているすべてのWorkbookオブジェクトが含まれています。

PowerPointの場合、Presentationsコレクションオブジェクトに、開いているPresentationオブジェクトが含まれています。

Presentationsコレクションオブジェクトから個々のPresentationオブジェクトを変数・prsに格納し、
 For Each prs In Presentations

そのNameプロパティをDebug.Printしています。
  Debug.Print prs.Name

カウンター変数を使う方法

カウンター変数を使った以下のようなコードでも同じ結果を得られます。


Sub 開いているファイルを調べる_カウンター変数()
 Dim i As Long

 For i = 1 To Presentations.Count
  Debug.Print Presentations(i).Name
 Next i
End Sub

Presentations.Countプロパティで、開いているPresentationオブジェクトの数が取得できるので、1からPresentationオブジェクトの数だけループを回して、
 For i = 1 To Presentations.Count

個々のPresentationオブジェクトのNameプロパティをDebug.Printしています。
  Debug.Print Presentations(i).Name

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 全ファイル名を取得するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 全ファイル名を取得するPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.