Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » オブジェクトをグリッド線に合わせる設定のオン・オフを切り替えるパワポマクロ

オブジェクトをグリッド線に合わせる設定のオン・オフを切り替えるパワポマクロ

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

オブジェクトをグリッド線に合わせる設定のオン・オフを切り替えるパワポマクロ

「パワーポイント マクロ 図形位置 グリッド」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

図形の位置とグリッドに関するPowerPointのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

図形位置とグリッドということは、[グリッドとガイド]ダイアログ-[位置合わせ]-[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]チェックボックスの、On/Offを切り替える方法を探していらしたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

以下のようなマクロで、アクティブなプレゼンテーションファイルの、[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]設定を切り替えることができます。


Sub グリッド線に合わせる設定のオンオフを切り替える()

 With ActivePresentation
  .SnapToGrid = Not .SnapToGrid
 End With

End Sub

PresentationオブジェクトのSnapToGridプロパティが、[グリッドとガイド]ダイアログ-[位置合わせ]-[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]チェックボックスに該当します。

上記のマクロを実行すると、[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]チェックボックスがOnだったときはOffに、OffだったときはOnに切り替わります。

Not演算子を使うことで、Presentation.SnapToGridプロパティが、msoTrueだったときにはmsoFalseに、msoFalseだったときにはmsoTrueに切り替えています。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » オブジェクトをグリッド線に合わせる設定のオン・オフを切り替えるパワポマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » オブジェクトをグリッド線に合わせる設定のオン・オフを切り替えるパワポマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.