Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 印刷設定を行うPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2003, PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

PowerPointで配布資料の印刷を行う場合、毎回同じような印刷設定を行うのが面倒に感じることがあります。

例えば、スライド2枚タイプの配布資料を印刷するときに、スライドに枠を付け、用紙に合わせて拡大/縮小を設定するのを、手作業で毎回行うとなると結構面倒だったりします。

[スポンサードリンク]

そんな設定作業を楽にしてくれるマクロをご紹介しておきます。


Sub 印刷プレビューする_配布資料2スライド_モノクロ()

 With ActivePresentation.PrintOptions
  .OutputType = ppPrintOutputTwoSlideHandouts
  .FitToPage = msoTrue
  .FrameSlides = msoTrue
  .PrintColorType = ppPrintBlackAndWhite
 End With

 ActiveWindow.ViewType = ppViewPrintPreview

End Sub

上記のマクロを実行すると、
スライド2枚の配布資料が、
  .OutputType = ppPrintOutputTwoSlideHandouts

用紙に合わせて拡大・縮小され
  .FitToPage = msoTrue

枠線をつけ
  .FrameSlides = msoTrue

白黒印刷する設定で、
  .PrintColorType = ppPrintBlackAndWhite

印刷プレビューが行われます。
 ActiveWindow.ViewType = ppViewPrintPreview

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 印刷設定を行うPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 印刷設定を行うPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.