Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 新規プレゼンテーションを作成するPowerPointマクロ

新規プレゼンテーションを作成するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

「powerpoint vba 新しいプレゼンテイションを開く」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

「開く」という語句が使われていますが、PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)から、新しいプレゼンテーションを作成するには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索でしょうか。

[スポンサードリンク]

新規プレゼンテーションを作成するサンプルマクロ

いつものように簡単なPowerPointマクロをご紹介しておきます。


Sub 新しいプレゼンテーションを作成する()

 Dim prs As Presentation

 Set prs = Presentations.Add
 prs.Slides.Add _
   Index:=1, _
   Layout:=ppLayoutTitle

End Sub

上記のマクロを実行すると、新しいプレゼンテーションファイルが作成され、タイトルレイアウトのスライドが挿入されます。

サンプルマクロの解説

PresentationsコレクションオブジェクトのAddメソッドを使えば、新しいプレゼンテーションを作成することができます。

本当に、新しいプレゼンテーションを作成するだけでいいのならば、
 Presentations.Add
というコードだけでOKです。

ですが、プレゼンテーションを作成したあとには、何らかのスライド関連の処理が行われることが一般的でしょうから、上記のマクロでは、Presentation.Addメソッドで作成されたPresentationオブジェクトを変数・prsにセットしておいてから、
 Set prs = Presentations.Add

スライドの挿入を行っています。
 prs.Slides.Add _
   Index:=1, _
   Layout:=ppLayoutTitle

2007以降のPowerPointではSlides.AddSlideがスライドを追加・挿入するための主たるメソッドになっていますが、Slides.AddSlideメソッドは特にPowerPoint VBAに慣れていない方には扱い辛いので、ここでは2003以前から存在しているSlides.Addメソッドを使ったサンプルにしています。

引数・LayoutにPpSlideLayout列挙に定義されている定数を指定することで、作成されるスライドのレイアウトを変更できます。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 新規プレゼンテーションを作成するPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 新規プレゼンテーションを作成するPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.