Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

2007以降のPowerPointではスライドのレイアウト変更が、簡単にできるようになっています。

ですが初期状態のPowerPointでは、ほとんど使うことのなさそうなレイアウトまで下図のように表示され、

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

ちょっと鬱陶しいと感じます。

そこで私は、不要なレイアウトを削除して、レイアウト変更メニューに、いらないレイアウトは表示されないようにしています。

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

スライドマスターの編集画面から不要なレイアウトを手作業で削除することもできますが、私はこの削除をマクロで行っています。そのマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

不要なレイアウトを削除するサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、
 タイトル スライド
 タイトルとコンテンツ
 セクション見出し
 白紙
だけを残して他のレイアウトが削除されます。

Sub 不要なレイアウトを削除する()

 Dim i As Long

 With ActivePresentation.SlideMaster.CustomLayouts

  For i = .Count To 1 Step -1
  With .Item(i)

   Select Case .Name
    Case _
     "タイトル スライド", _
     "タイトルとコンテンツ", _
     "セクション見出し", _
     "白紙"
     ''以上のレイアウトは削除しない
    Case Else
     .Delete
   End Select

  End With
  Next i

 End With
End Sub

サンプルマクロの解説

スライドマスターを表すMasterオブジェクトを、PresentationオブジェクトのSlideMasterプロパティで取得して、

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

MasterオブジェクトのCustomLayoutsプロパティで取得した、CustomLayoutsコレクションオブジェクトに対して、

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

For~Nextループを後ろから回し、
 With ActivePresentation.SlideMaster.CustomLayouts
  For i = .Count To 1 Step -1

CustomLayoutオブジェクトのNameプロパティで

不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

レイアウト名を調べて、
  With .Item(i)
   Select Case .Name

レイアウト名が「タイトル スライド」「タイトルとコンテンツ」「セクション見出し」「白紙」の場合は何もせず、
    Case _
     "タイトル スライド", _
     "タイトルとコンテンツ", _
     "セクション見出し", _
     "白紙"
     ''以上のレイアウトは削除しない

それ以外の名前だったときに、削除しています。
    Case Else
     .Delete

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
複数のスライドマスターから未使用のレイアウトを削除するパワポマクロ from インストラクターのネタ帳
複数のスライドマスターから未使用のレイアウトを削除するPowerPoint(パワーポイント)マクロをご紹介しています。

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » 不要なレイアウトを削除するPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.