Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている全てのファイル名・文書名を取得するWordマクロ

開いている全てのファイル名・文書名を取得するWordマクロ

対象:Word2003, Word2007, Word2010

「word vba 開いているファイル名 取得」
という検索が行われていました。

WordのVBA(Visual Basic for Applications)で、開いているファイルの名前を取得する方法を探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

オブジェクト変数を使う例

ファイル名を取得してどうするのかがわからないので、参考になりそうなマクロをご紹介しておきます。


Sub 開いているファイル名を取得する_オブジェクト変数()
 Dim doc As Document

 For Each doc In Documents
  Debug.Print doc.Name
 Next
End Sub

上記のマクロを実行すると、イミディエイトウィンドウにファイル名が書き出されます。

For Each ~ Next文で、Documentsコレクションをなめて、個々のDocumentオブジェクトのNameプロパティをDebug.Printしています。

カウンター変数を使う例

オブジェクト変数を使わない以下のようなコードでも同じ結果を得られます。


Sub 開いているファイル名を取得する_カウンター変数()
 Dim i As Long

 For i = 1 To Documents.Count
  Debug.Print Documents(i).Name
 Next i
End Sub

マクロの学習をはじめたばかりの方は、まずは、これらのFor Each~Next文やFor~Next文をスラスラ書けるようになることを目指すことおすすめします。

オブジェクト変数を使うFor Each~Next文は、通常オブジェクト変数を使わないFor~Next文でも書けますので、マクロ学習の一つとして、For Each~Next文をFor~Next文で書き直してみるのもおすすめです。(ちなみにFor~Next文はFor Each~Next文で書けるとは限りませんので)

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている全てのファイル名・文書名を取得するWordマクロ

TrackBack:4

TrackBack URL
開いている全てのファイル名・ブック名を取得するExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010 「開いているexcelファイルを全て取得」 という検索が行われていました。 開いて...
開いている全てのファイル名・プレゼンテーション名を取得するPowerPointマクロ from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)VBAの場合、Presentationsコレクションオブジェクトに対してループを回すと、開いている全ファイル名を取得...
開いている文書数・ファイル数を取得するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
開いている文書数・ファイル数を取得するWord(ワード)VBA(Visual Basic for Applications)のコードについて解説をしています。
開いているWordファイルのファイル名一覧を作るExcelマクロ from インストラクターのネタ帳
開いているWord(ワード)ファイルのファイル名一覧を作成する、Excel(エクセル)マクロをごしょうかいしています。

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » 開いている全てのファイル名・文書名を取得するWordマクロ

「Documentオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.