Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するパワポマクロ

すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するパワポマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「vba パワーポイント 上書き」
「パワーポイント 保存 vba」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あることに気づきました。

保存・上書き保存をするPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

参考になりそうな、上書き保存をするマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

全ファイルを上書き保存するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、開いているすべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存することができます。


Sub すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存する()
 Dim prs As Presentation

 On Error Resume Next
 For Each prs In Presentations
  prs.Save
 Next prs
End Sub

すべてのプレゼンテーションファイルにループを回して、
  For Each prs In Presentations

PresentationオブジェクトのSaveメソッドで保存をしています。
   prs.Save

すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するPowerPointマクロ

一度も保存されていないファイルでいきなりSaveメソッドを実行しようとするとエラーとなってしまうので、ループ処理に入る前に
  On Error Resume Next
を入れています。

PresentationsコレクションにSaveメソッドは存在しない

Word VBAには、開いているすべての文書を一気に上書き保存するDocuments.Saveメソッドが存在することをご紹介しました。

PowerPoint VBAにも、同じようなメソッド、例えばPresentations.Saveメソッドが存在するかもしれないと考える方がいらっしゃるかもしれません。

オブジェクトブラウザーで、非表示のメンバーも表示して、確認してみましょう。

すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するPowerPointマクロ

上図のとおり、PresentationsコレクションオブジェクトにSaveメソッドは存在していません。

やっぱり、ループ処理をして個々のPresentationオブジェクトのSaveメソッドを実行するしかありません。

ここでも、一括保存するコマンドが存在していないので、該当するメソッドも存在していないというルールが当てはまっています。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するパワポマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Presentation・プレゼンテーション » すべてのプレゼンテーションファイルを上書き保存するパワポマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.