Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「powerpoint vba スライド番号 削除」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

スライド番号を削除するPowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

「削除」というキーワードが使われていますが、非表示にすればいいのではないかと感じます。

ここでは参考になりそうな、スライド番号を非表示にするPowerPointマクロを、2つご紹介しておきましょう。

[スポンサードリンク]

スライド番号を非表示にするサンプルマクロ

以下のマクロで、編集中のアクティブなスライドのスライド番号を非表示にできます。


Sub アクティブスライドのスライド番号を非表示に()

 ActiveWindow.Selection.SlideRange. _
  HeadersFooters.SlideNumber.Visible = msoFalse

End Sub

深い階層のオブジェクト式ですが、前半の
 ActiveWindow.Selection.SlideRange
というのは、編集中のスライドを表すSlideRangeオブジェクトを取得する、PowerPoint VBAでは、定番のオブジェクト式です。

スライド番号を非表示にするのに関係するメインのオブジェクト式は、後半の、
  HeadersFooters.SlideNumber.Visible = msoFalse
です。

SlideRangeオブジェクトのHeadersFootersプロパティで、HeadersFootersオブジェクトを取得して、

スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

HeaderFootersオブジェクトのSlideNumberプロパティで、HeaderFooterオブジェクトを取得して、

スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

HeaderFooterオブジェクトのVisibleプロパティに、msoFalseを設定することでスライド番号を非表示にしています。

スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

HeadersFootersオブジェクトのSlideNumberプロパティで、
HeaderFooterオブジェクトを取得するところが、珍しいオブジェクト式です。

各プロパティがそれぞれ何を返すのかを、オブジェクトブラウザーで確認しないと、なかなか理解し辛いコードではないかと感じます。

スライド番号を非表示にするサンプルマクロ

以下のマクロで、アクティブなプレゼンテーションファイルの全スライドのスライド番号を非表示にできます。


Sub 全スライドのスライド番号を非表示に()

 Dim sld As Slide

 For Each sld In ActivePresentation.Slides
  sld.HeadersFooters.SlideNumber.Visible = msoFalse
 Next sld

End Sub

全スライドに対するループの中で、
 For Each sld In ActivePresentation.Slides

先ほどの、アクティブなスライドのスライド番号を非表示にするマクロと同じ処理を行っています。
  sld.HeadersFooters.SlideNumber.Visible = msoFalse

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » スライド番号を非表示にするPowerPointマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.