Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » VBAでスライドマスターの最背面Shape色を変更する

VBAでスライドマスターの最背面Shape色を変更する

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

「vba スライドマスタ内オブジェクト 色 変更 rgb」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

スライドマスター内のShapeの色をRGB値で変更する、PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探していた方による検索キーワードです。

[スポンサードリンク]

スライドマスターのShape色を変更するサンプルマクロ

「vba スライドマスタ内オブジェクト 色 変更 rgb」
という検索キーワードだけでは、どのShapeの色を変更したいのかがわかりませんので、参考になりそうなシンプルなマクロをご紹介しておきます。


Sub スライドマスターのShape色変更()
 ActivePresentation.SlideMaster.Shapes(1).Fill.ForeColor.RGB _
   = RGB(255, 0, 0)
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、スライドマスターの1つ目(最背面)のShapeの塗りつぶし色が赤になります。

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式

上記のプロシージャで利用しているオブジェクトの階層関係は以下のとおりです。
 Presentationオブジェクト
  └Masterオブジェクト
    └Shapesコレクションオブジェクト
      └Shapeオブジェクト
        └FillFormatオブジェクト
          └ColorFormatオブジェクト
            └RGBプロパティ

コード上に書かれているプロパティの名前と、返されるオブジェクトの名前が異なる部分が随所にありますから、オブジェクトブラウザーを使ってしっかり確認することをおすすめしておきます。

最終更新日時:2019-01-30 16:09

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » VBAでスライドマスターの最背面Shape色を変更する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » マスター » VBAでスライドマスターの最背面Shape色を変更する

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.