Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » VBAでセル結合のショートカットキーを

VBAでセル結合のショートカットキーを

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

セル結合をキーボードで行う方法に関してネタをいくつかご紹介してきました。

ツールバー上のボタンにアクセスキーを表示させ、そのアクセスキーを利用すれば、擬似的なショートカットキーとして利用できるということです。

ですが、これらの[Alt]キーを使った操作は厳密な意味でのショートカットキーではないので、ツールバーが表示されていなければ利用できません。

[スポンサードリンク]

VBA(Visual Basic for Applications)を利用すれば、セル結合をショートカットキーで実行できるようになります。

まずはセル結合を行うマクロを作成します。


▼セル結合を行うマクロ
Sub MergeCells()
 On Error Resume Next
 Selection.MergeCells = True
End Sub

セル結合を行うために必要なコードは
「Selection.MergeCells = True」
という1行だけです。MergeCellsプロパティをTrueにすれば、セルの結合が行われます。オートシェイプなどが選択されている状態でMergeCellsマクロを実行すると、エラーとなってしまうのを回避するために「On Error Resume Next」ステートメントを入れています。

次に上記のマクロにショートカットキーを割り当てるイベントプロシージャを作成します。


▼MergeCellsマクロにショートカットキー:[Ctrl]+[M]を割り当てるWorkbook_Openイベントプロシージャ
Private Sub Workbook_Open()
 Application.OnKey "^m", "MergeCells"
End Sub

Application.OnKeyメソッドの
第1引数にキーを表す文字列:「^m」
第2引数に実行したいプロシージャ名:「MergeCells」
をそれぞれ指定しています。

「^m」の「^」が[Ctrl]キーを意味しているので、「^m」で[Ctrl]+[M]キーがMergeCellsマクロを実行するショートカットキーになります。

もし[Ctrl]+[Shift]+[M]をショートカットキーにしたいのなら、[Shift]キーを意味する「+」を使って「+^m」としてください。

▼サンプルファイル(002214.xls 24KByte)ダウンロード

MergeCellsマクロと、ショートカットキーを割り当てているWorkbook_Openイベントプロシージャの含まれているExcelファイルが、マクロ有効な状態で開かれていれば[Ctrl]+[M]キーをセル結合のショートカットキーとして利用できます。

[Ctrl]+[M]キーをいつでも使いたいのならば、MergeCellsマクロとWorkbook_Openイベントプロシージャを、PERSONAL.XLSファイルに作成するといいでしょう。

関連語句
セルとセルを合わせる
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » VBAでセル結合のショートカットキーを

TrackBack:2

TrackBack URL
セル結合の解除もショートカットキーで from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 マクロとイベントプロシージャで、セル結合をショートカットキーでできるようにする方法をご紹介しました。 もう一工夫すれば、セルが結合されている場合同じショートカットキーで、セル結合の解除を行うこともできます。...
マクロで値の貼り付けをショートカットキーに from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 [値の貼り付け]ボタンをツールバー上に作成し、アクセスキ−を表示させ...

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » VBAでセル結合のショートカットキーを

「セル結合」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.