Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

[マクロ]ダイアログを使ったマクロにショートカットキーを割り当てる方法をご紹介しました。

一つ二つのマクロならば、この方法で問題ないでしょうが、大量のマクロにショートカットキーを割り当てようとすると、かなり面倒です。

[スポンサードリンク]

たくさんのマクロにショートカットキーを割り当てるのなら、イベントプロシージャにショートカットキーを割り当てるコードを書いておくのが便利です。


▼操作手順:マクロにショートカットキーを割り当てる
シートの並べ替えを行うSortSheetsマクロに、[Ctrl]+[Shift]+[S]キーを、ショートカットキーを割り当てる例

Excelのメニュー[ツール]−[マクロ]−[Visual Basic Editor]をクリック
 ↓
Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで
 「ThisWorkbook」をダブルクリック
 ↓
「Workbook_Open」プロシージャを以下のように記述する
Private Sub Workbook_Open()
 Application.OnKey "+^S", "SortSheets"
End Sub
 ↓
Visual Basic Editorを終了

Application.OnKeyメソッドの第1引数にキーを表す文字列を指定し、第2引数に実行したいプロシージャ名を指定します。

「+^S」の
「+」が[Shift]キー
「^」が[Ctrl]キー
を表し、
「+^S」で[Ctrl]+[Shift]+[S]キー
を意味することになります。

キーの指定方法については、OnKeyメソッドのヘルプに詳細に記述されています。

なお、[XL2002]マクロに割り当てられたショートカットキーからマクロが実行されない(KB436183)という不具合もあるようです。IMEをかな入力で利用してらっしゃる方はご注意ください。

▼サンプルファイル(001492.xls 44KByte)ダウンロード

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

TrackBack:5

TrackBack URL
セル結合のショートカットキーをVBAで from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 セル結合をキーボードで行う方法に関してネタをいくつかご紹介してきました。 セルの結合をショートカットキーで セルを結合して中央揃えのショートカットキー Alt+Mでセル結合ができない ツールバー上のボタンにアクセス...
マクロで値の貼り付けをショートカットキーに from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 [値の貼り付け]ボタンをツールバー上に作成し、アクセスキ−を表示させ...
名前を付けて保存ダイアログにアクティブセルの値を表示するマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「名前を付けて保存をしたときに、アクティブセルの...
セルの値をシート名にするマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 アクティブセルの値を[名前をつけて保存]ダイアロ...
直前に操作していたシートに戻るショートカットキーは? from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 複数のシートを頻繁に切り替えて操作しているような方から、 「直前に操作していたシ...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » マクロにショートカットキーを割り当てる−Workbook_Open

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.