Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » Range.MergeAreaは何を返すのか?


Range.MergeAreaは何を返すのか?

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「エクセル .mergearea 返り値」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、あることに気づきました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)のRangeオブジェクトのMergeAreaプロパティが何を返すのかを調べている方による検索です。

[スポンサードリンク]

プロパティが何を返すのかを調べるのならオブジェクトブラウザーを使いましょう

Range.MergeAreaプロパティに限らず、オブジェクトのプロパティが何を返すのかを調べるのなら、VBE(Visual Basic Editor)のオブジェクトブラウザーを使うのがおすすめです。

下図のとおり、RangeオブジェクトのMergeAreaプロパティは、Rangeオブジェクトを返します。

MergeAreaプロパティは何を返すのか?

オブジェクトブラウザーの詳細ペインの「As」の後ろに書かれているものがプロパティ・メソッド・関数が返すものを表しています。

ローカルウィンドウも眺めましょう

「エクセル .mergearea 返り値」
という検索をなさった方は、おそらくVBAのオブジェクト式について、まだ理解できていないのだろうと推測しています。

以下のようなマクロを実行して、ローカルウィンドウでオブジェクト変数・tmpの中身を確認しておくことをおすすめします。


Sub MergeAreaプロパティが何を返すのか確認する()
 Dim tmp As Object

 Set tmp = ActiveCell.MergeArea
 Stop
End Sub

はじめは何を見ればいいのかわからないと思いますが、Range.MergeAreaであれば[式]列の

  • Count
  • MergeCells
  • Value2

あたりを、まずは眺めてみましょう。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » Range.MergeAreaは何を返すのか?

TrackBack:4

TrackBack URL
MergeArea.Itemとは from インストラクターのネタ帳
Excel VBAの、MergeArea.Itemというオブジェクト式について解説しています。
MergeArea.Countとは from インストラクターのネタ帳
Excel VBAのMergeArea.Countというオブジェクト式で、結合されているセルの数を取得できます。
MergeAreaの最終セルのアドレスを取得する from インストラクターのネタ帳
結合セルの最終セルのアドレスを取得するExcel(エクセル)マクロをご紹介しています。
MergeCellsとMergeAreaの違い from インストラクターのネタ帳
Rangeオブジェクトの、MergeCellsとMergeAreaの違いについて解説しています。

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル結合 » Range.MergeAreaは何を返すのか?

「セル結合」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.