Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セル範囲以外に名前をつける

セル範囲以外に名前をつける

対象:Excel

名前を定義した方がいいケースとして、消費税率の例をご紹介しました。

名前をつけるべきものが複数あるときは、名前定義用シートを作成して、名前をつけるという方法が管理面でおすすめですが、名前をつけるのが消費税率1つだけのような場合、わざわざ名前定義用シートを作成するのは、ちょっといかがなものかという気もしてきます。

[スポンサードリンク]

こんなときは、セル以外の部分にも名前をつけられますので、↓の方法をお試しいただくといいかもしれません。


▼操作手順:定数に名前をつける
(「5%」という数値に「消費税率」という名前を定義する例)
メニュー[挿入]−[名前]−[定義]をクリック
 ↓
[名前の定義]ダイアログの、
 [名前]欄に「消費税率」
 [参照範囲]欄に「=5%」
と入力
 ↓
[名前の定義]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

上記の設定を行なうと、「消費税率」という名前を計算式の中で使えるようになります。

定義した名前を使うときはセル範囲に名前を定義したときと、まったく同じ方法でOKです。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セル範囲以外に名前をつける

TrackBack:2

TrackBack URL
定義済み名前一覧を作成する from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelの名前定義に関係するネタをいくつかご紹介してきました。 ・セルに名前をつける ・入力規則のリスト用データを別シートにまとめる ・名前定義を簡単に ・連動したドロップダウンリスト−INDIRECT関数 ・名前を定義する方がよい例−...
定義した名前の削除 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelの名前定義について、以下のようなネタをご紹介してきました。 ・セルに名前をつける ・名前定義を簡単に ・名前を定義する方がよい例 ・セル範囲以外に名前をつける ・定義済み名前一覧を作成する この定義されたExcelの名前につい...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » 名前 » セル範囲以外に名前をつける

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.