Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » TypeName関数で他のデータ型も確認しましょう

TypeName関数で他のデータ型も確認しましょう

拙著『VBAユーザーのためのPython超入門』は、VBAをある程度使っている方を主な対象読者として、VBAと比較しながらPythonの基本を学習していくKDP(Kidle Direct Publishning)本です。

このスタイルでPythonの基本を学習する中で、VBAについて改めて理解しなおすケースがあると私は考えています。特に「chapter 5. 変数とデータ型を意識しよう」で解説しているデータ型について、実は理解していなかったのかも、と感じる方がいらっしゃるだろうと想像しています。

「5-2. データによって変数の型は変化する」では、代入されたデータの種類によってVariant型変数のデータ型が変化する様子を、TypeName関数で確認する実習を行っています。「5-3. その他の基本的なデータ型」で紹介している、他のデータについても、同様の実習を是非行ってみてください。

Boolean型の確認

イミディエイトウィンドウで、変数varにTrueを代入しておいてから、

var = True

TypeName関数で確認すると、以下のようにBoolean型であることを確認できます。

? TypeName(var)
Boolean

拙著で確認しているように、IDLEのShellウィンドウで変数varにTrueを代入して、type関数で確認すると「<class 'bool'>」と出力されるのと似た挙動です。

Double型の確認

つづいて、結果が整数となる割り算「5 / 1」の結果を同じ名前の変数varに代入して、

var = 5 / 1

TypeName関数で確認すると、今度は倍精度浮動小数を扱えるDouble型と出力されます。

? TypeName(var)
Double

変数に代入せず、直接TypeName関数の引数に割り算を指定した場合も同様です。

? TypeName(5 / 1)
Double

IDLEのShellウィンドウで、「5 / 1」の結果をtype関数で確認すると「<class 'float'>」と出力されるのと似た挙動です。

Date型の確認

日付データを同じ変数に代入しておいてから、

var = #2020/7/24#

TypeName関数で確認すると、今度はVBAで日付&時刻データを扱うDate型であることを確認できます。

? TypeName(var)
Date

これまでVBAで、データ型をあまり意識してこなかった方は、TypeName関数等を使ってデータ型を繰り返し確認してください。少しずつ、変数やデータ型についての理解が深まっていくはずです。

最終更新日時:2020-07-31 12:10

[スポンサードリンク]

Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » TypeName関数で他のデータ型も確認しましょう

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » TypeName関数で他のデータ型も確認しましょう

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.