Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » ローカルウィンドウで既定の初期値を確認しましょう

ローカルウィンドウで既定の初期値を確認しましょう

KDP(KIndle Direct Publishing)による拙著『VBAユーザーのためのPython超入門』の、「chapter 5. 変数とデータ型を意識しよう」内の5-1で、Pythonの場合は変数宣言のみのコードはなく初期値の代入が変数宣言を兼ね、逆に、VBAの場合は変数宣言で初期値が代入されていることを書いています。

変数宣言のみのコードで既定の初期値が代入される、VBAの仕様を意識できていなかった方は、拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』でも多用しているローカルウィンドウで、確認してみてください。

既定の初期値を確認するSubプロシージャ

まず、以下のような変数宣言だけを行っているSubプロシージャを用意します。
Sub 変数の初期値を確認する()
 Dim num As Long
 Dim txt As String
End Sub

何の処理も行わない、拙著の「5-1. 変数宣言のみのコードはない」で言及している、Long型の変数numとString型の変数txtの、宣言を行っているだけのSubプロシージャです。

既定の初期値を確認する手順

VBEのメニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]から、下図のような[ローカルウィンドウ]を表示しておきます。

つづいて、ショートカットキー[F8]等で、ステップ実行を開始します。するとローカルウィンドウの[値]欄に、各変数にどのようなデータが格納されているかが以下のように表示されます。

拙著でも言及しているとおり、Long型の変数numには「0」が、String型の変数txtには空白文字列を示すダブルクォーテーション2個「""」が、それぞれ表示されています。

Boolean型やDate型など、他のデータ型の変数を宣言するコードを追加して、どのような初期値が代入されるのかも、是非確認してみてください。

[スポンサードリンク]

Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » ローカルウィンドウで既定の初期値を確認しましょう

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 電子書籍 » VBAユーザーのためのPython超入門 » ローカルウィンドウで既定の初期値を確認しましょう

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.