Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumで列全体の合計を計算する

WorksheetFunction.Sumで列全体の合計を計算する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「vba 列全体のworksheetfunction.sum」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、WorksheetFuncitonオブジェクトのSumメソッドを使って、

WorksheetFunction.Sumで列全体の合計を計算する

列全体の合計を求めるには、引数をどう指定すればいいのかを探していた方による検索です。

[スポンサードリンク]

Rangeプロパティを使って列全体の合計を計算するサンプルマクロ

さまざまな書き方をすることができますが、合計したい列が固定されている場合は、以下のようなコードが一番わかりやすいでしょう。


Sub WorksheetFunction_Sumのサンプル_Range()
 MsgBox WorksheetFunction.Sum(Range("A:A"))
End Sub

WorksheetFunction.Sumメソッドの引数に、Excel VBAでもっともよくお世話になるプロパティ・Rangeを使って列全体を指定したコードです。

Columnsプロパティを使って列全体の合計を計算するサンプルマクロ

マクロの中で、合計する列番号を変数に代入しておいて、その列全体の合計を計算したいというケースもありそうです。

この場合、以下のようなマクロが参考になるでしょう。


Sub WorksheetFunction_Sumのサンプル_Columns()
 MsgBox WorksheetFunction.Sum(Columns(1))
End Sub

Columnsプロパティの引数に列番号を表す数値を指定することで列全体の合計を計算しています。

結局、列全体を表すRangeオブジェクトを返すオブジェクト式を、WorksheetFunctionオブジェクトのSumメソッドの引数に指定すれば、列全体の合計を計算することができるわけです。

既にご紹介している列全体を表すさまざまなオブジェクト式を、WorksheetFunction.Sumの引数に指定してみてください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumで列全体の合計を計算する

TrackBack:1

TrackBack URL
WorksheetFunction.Sumでセル範囲を指定する from インストラクターのネタ帳
Excel VBAのWorksheetFunction.Sumで、セル範囲を指定する書き方をご紹介しています。

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumで列全体の合計を計算する

「WorksheetFunction」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.