Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumの戻り値の型

WorksheetFunction.Sumの戻り値の型

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「worksheetfunction.sum 戻り値」
という検索キーワードでのアクセスに気付きました。

WorksheetFunctionオブジェクトのSumメソッドの、

オブジェクトブラウザー:WorksheetFunction.Sum

戻り値の型を調べていたのでしょうか。

[スポンサードリンク]

オブジェクトブラウザーでWorksheetFunction.Sumメソッドを調べる

オブジェクトブラウザーを見れば、一目瞭然です。

オブジェクトブラウザー:WorksheetFunction.Sum

詳細ペインに「As Double」と表示されているとおり、WorksheetFunction.Sumメソッドは、Double(倍精度浮動小数型)の値を返します。

ヘルプには記述ミスがあることを考慮しなければなりませんけれど、幸いWorksheetFunction.Sumのヘルプには
  Return Value
    Double
と正しい記載があります。

ローカルウィンドウでWorksheetFunction.Sumの戻り値を確認する

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』で多用しているローカルウィンドウでも、戻り値の型は調べられます。

例えば、以下のようにWorksheetFunction.Sumメソッドの引数に、整数だけを指定したSubプロシージャを使って確認してみます。


Sub sample1()
 Dim tmp As Variant
 tmp = WorksheetFunction.Sum(1, 2, 3, 4, 5)
End Sub

ローカルウィンドウを表示しておいて、[F9]キーでステップ実行を行い、
  tmp = WorksheetFunction.Sum(1, 2, 3, 4, 5)
を実行すると、下図のような表示となります。

ローカルウィンドウ:WorksheetFunction.Sumの戻り値

ローカルウィンドウの[型]覧には、
  Dim tmp As Variant
と宣言したことによる「Variant」と、実際の型「Double」が表示されています。

引数にRangeオブジェクトを取得する式を指定した場合

WorksheetFunction.Sumメソッドの引数に、Rangeオブジェクトを取得する式(オブジェクト式)を指定した場合も確認してみましょう。


Sub sample2()
 Dim tmp As Variant
 tmp = WorksheetFunction.Sum(Range("A1:A5"))
End Sub

ローカルウィンドウ:WorksheetFunction.Sumの戻り値

先ほどと同じように、Doubleであることが確認できます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumの戻り値の型

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » WorksheetFunction » WorksheetFunction.Sumの戻り値の型

「WorksheetFunction」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.