Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » xlsファイルを開いたときに自動的に実行−Workbook_Open

xlsファイルを開いたときに自動的に実行−Workbook_Open

Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

xlsファイルを開いたときに何らかの処理を実行させるには、「Auto_Open」という名前のマクロを作るということをご紹介しました。

他にもxlsファイルを開いたときに、何らかの処理を行わせる方法があります。

イベントプロシージャを利用する方法です。

[スポンサードリンク]

xlsファイル(ワークブック)が開かれるときには、Openイベントが発生するするので、Workbook_Openイベントプロシージャにコードを記述すれば、xlsファイルが開かれたときにその処理が行われるようになります。


▼操作手順:ブックが開かれたときに何らかの処理を実行する
※ブックを開いたときに、「Workbook_Openイベントプロシージャによって表示されたメッセージです。」というメッセージを表示させる例

Visual Basic Editorのプロジェクトエクスプローラで
 「ThisWorkbook」をダブルクリック
 ↓
「Workbook_Open」プロシージャを以下のように記述する


Private Sub Workbook_Open()
 MsgBox "Workbook_Openイベントプロシージャによって表示されたメッセージです。"
End Sub

以前、ユーザー定義関数を作成した場合に、その説明を[関数の挿入][関数の引数]ダイアログなどに表示させる方法をご紹介しましたが、それもWorkbook_Openイベントプロシージャの中で、MacroOptionsメソッドを使って説明をセットする処理を行っていたわけです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » xlsファイルを開いたときに自動的に実行−Workbook_Open

TrackBack:3

TrackBack URL
Excelファイルを閉じるときにマクロを実行−Workbook_BeforeCloseイベントプロシージャ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 マクロを「Auto_Close」という名称にするこ...
ブックを開いたときにメニューバーをカスタマイズする from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 VBA(Visual Basic for Appl...
AUTO_OPEN・Workbook_Openのデバッグ from インストラクターのネタ帳
AUTO_OPENマクロやWorkbook_OpenイベントプロシージャのデバッグにはStopステートメントを使いましょう。

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » xlsファイルを開いたときに自動的に実行−Workbook_Open

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.