Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » ショートカットメニューを非表示に−CommandBars("Cell").Enabled = False

ショートカットメニューを非表示に−CommandBars("Cell").Enabled = False

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

VBA(Visual Basic for Applications)で、メニューをカスタマイズする方法をご紹介しています。


セルで右クリックをしたときに表示されるショートカットメニューを、表示しないようにしたいという要望もよくいただきます。

かなり作り込みをするようなワークシートを作成しているような方から、ショートカットメニューを表示させないようにしたいという要望をいただくことは少なくありません。

[スポンサードリンク]

Excelファイルを開いたときに実行されるAuto_Openマクロに簡単なコードを書いておくだけで、ショートカットメニューを非表示にできます。


▼セルのショートカットメニューを表示しないようにするAuto_Openマクロ

Sub Auto_Open()

 Application.CommandBars("Cell").Enabled = False

End Sub

「Application.CommandBars("Cell").Enabled = False」
で、マウスの右ボタンをクリックしても、[Shift]+[F10]キーを押しても、ショートカットメニューは表示されなくなります。

逆にショートカットメニューを表示されるようにするコードは
「Application.CommandBars("Cell").Enabled = True」
です。

Excelファイルを閉じるときに実行されるAuto_Closeマクロで、
「Application.CommandBars("Cell").Enabled = True」
を実行するようにしておくほうがいいでしょう。

▼サンプルファイル(003628.xls 24KByte)ダウンロード

サンプルファイルには、ショートカットメニューを非表示にするAuto_Openマクロと、ショートカットメニューを表示するように戻すAuto_Closeマクロを作成してありますので、ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » ショートカットメニューを非表示に−CommandBars("Cell").Enabled = False

TrackBack:1

TrackBack URL
ショートカットメニューを非表示に−列見出し・行見出し・シート見出し from インストラクターのネタ帳
エクセルで、シート見出し・列見出し・行見出しで右クリックをしたときにショートカットメニューを表示しないようにするイベントプロシージャ。

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » ショートカットメニューを非表示に−CommandBars("Cell").Enabled = False

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.