Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » Excelファイルを閉じるときにマクロを実行−Workbook_BeforeClose

Excelファイルを閉じるときにマクロを実行−Workbook_BeforeClose

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

マクロを「Auto_Close」という名称にすることで、ブックを閉じるときに自動実行されるマクロとなることをご紹介しました。

もう一つ、Excelファイルが閉じられるときにマクロを実行させる方法があります。

[スポンサードリンク]

Workbook_BeforeCloseイベントプロシージャを利用する方法です。

Excelファイルが閉じられるとき(直前)に、Workbook_BeforeCloseイベントが発生するするので、Workbook_BeforeCloseイベントプロシージャにコードを記述すればいいのです。


▼ファイルが閉じられるときに実行されるマクロ
※ファイルが閉じられるときに「これはWorkbook_BeforeCloseイベントプロシージャから表示されたメッセージです。」というメッセージを表示させる例

Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)

 MsgBox "これはWorkbook_BeforeCloseイベントプロシージャから表示されたメッセージです。"

End Sub

▼サンプルファイル(002947.xls 30KByte)ダウンロード

開くときにマクロを実行させる方法として、Auto_Openマクロを利用する方法とWorkbook_Openイベントプロシージャを利用する方法があったのと同様に、閉じるときにはAuto_CloseマクロとWork_Book_BeforeCloseイベントプロシージャがあるということです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » Excelファイルを閉じるときにマクロを実行−Workbook_BeforeClose

TrackBack:1

TrackBack URL
ブックを開いたときにメニューバーをカスタマイズする from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 VBA(Visual Basic for Appl...

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » イベントプロシージャ » Excelファイルを閉じるときにマクロを実行−Workbook_BeforeClose

「イベントプロシージャ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.